アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
エスカルゴのスポーツ・読書日記
ブログ紹介
趣味人・エスカルゴのスポーツと読書を中心とした趣味生活の記録。日常で気づいたひと言。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
素晴らしいなでしこジャパン、悲願のアジアカップ初制覇!
 やった! やったぞ! なでしこジャパンはアジアカップ決勝でオーストラリアを1−0で破り、悲願のアジアカップ初優勝を成し遂げた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/26 00:27
なでしこジャパン、劇的なミラクル勝利で決勝進出!――サッカー女子アジアカップ準決勝
 何という試合だったのだろう。過去、11年ワールドカップやロンドン五輪でなでしこジャパンの驚異的な粘り強さは知ってはいたものの、このアジアカップ準決勝対中国戦での延長後半タイムアップ寸前での劇的な決勝ゴール! なでしこジャパンのミラクルなパワーを改めて心に刻みつけられた試合だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/22 22:38
心に残った映画――懐古シリーズ第3弾、もあテンを懐かしんで
 前2回の記事では懐かしいラジオ番組と歌を記事にしてみたが、懐古気分が再び盛り上がってきたので、今度は昔見て良かった映画を振り返ってみたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/08 12:05
「今夜もセレナーデ」――懐かしのラジオ番組第二弾
 先日の「HBCベスト100・マラソンランキング」に続いて、もう一つ思い出に残っているラジオ番組について書いておきたいと思う。少し前に大学時代の日記を読み直す機会があって、それに触発されたこともある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/01 18:47
ザ・ジャネット「あなたへ」――HBCベスト100マラソンランキングより、ジャンボ秀克氏の死を悼んで
 これは書き留めておこうと思った。ごくごく小さな思い出の断片など、すぐに記憶の彼方へと追いやられ、まるで最初から存在しなかったかのように、何事もなく生活が続いて行ってしまうから。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/28 12:20
今季のWリーグとVリーグ観戦について
 かなりひさしぶりの更新となってしまった。それぐらい、私の心を揺さぶるような出来事がなかったから、ということが言えるだろう。今日は、昨日Wリーグファイナル第3戦が行われてJXの6連覇達成でこのファイナルが終了し、いろいろと感想が出て来てちょっと書き留めておきたいと思ったので、久しぶりにブログを開いてみたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 21:15
スポーツ観戦ジャンキー(中毒)―12月から1月にかけて
 昨年12月から今年1月の今日まで、私のスポーツ観戦生活がすさまじいことになっている。長い人生の中でも、これほどいろいろなエキサイティングなスポーツを、体に支障をきたすのではと思うぐらい連続して観戦していたことはない。自分史上空前絶後と思えるぐらいのこの生活を、ちょっと記録しておきたいと思うのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/20 15:28
村上めぐみ・藤井桜子組、歓喜の初優勝!――ビーチバレーサテライト平塚大会
 何という人だろう、村上めぐみという人は。。。昨日、今日と2日続けて静岡から平塚まで参戦。朝5時起きして9時の試合開始に間に合わせた私の努力は、村上めぐみ・藤井桜子組の初優勝で十分に報われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/03 21:19
もう伸びしろはない。必要なのは「変化」――サッカー日本代表、セルビア、ベラルーシに連敗
 ふがいない。あまにもふがいない結果と内容。W杯出場を決めていて、ベストメンバーを組めている日本代表は、W杯に出場できず、FIFAランキングでも下位に位置するセルビアとベラルーシに、いいところなく連敗した。試合を見ていても、もう以前のようにドキドキワクワクしたり、興奮するようなプレーがなくなっている。ゲームの中に楽しさがなくなってしまっているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/16 00:47
ビーチバレーJBVツアー第5戦川崎市杯2日目――熱戦を堪能した一日
 先週に引き続き、ビーチバレーJBVツアー第5戦を見に行くことにした。今回が今年のツアーの最終戦だったし、ツアーの数が減った今年はまだ2回しかツアーを見に行っていないからだ。試合のカードを見てそれほどの期待はしていなかったのだが、実際は見所満載の熱戦の連続で、かなり満足した観戦となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/13 08:05
ビーチバレーJBVツアー第4戦ペボニアカップを振り返って――雑感と文句
 考えてみたら、4日間の日程を全部観戦したのは今回が初めてだった。(3日間の日程全部観戦はあった)今回は特に予選から本戦一日目まではかなり充実した戦いを見ることができて満足したが、最終日はどの試合も実力差が明らかで、今ひとつ物足りなさが残る観戦となった。それでは、気付いたことや感想などを、文句が多くなるとは思うが、つれづれなるままに述べていきたい。(主に女子についてになります) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/07 16:02
ビーチバレーJBVツアー第4戦ペボニアカップ第1日――高校生ペアの大健闘と村上・藤井組のリベンジ!!
 ビーチバレーを初日から観戦するのはいつ以来だろう。たぶん3年ぶりぐらいかな。今年はトップ層は厚いとは言えないが、中堅クラスのチームのつばぜり合いが激しく(特に女子)、大会毎に勝敗や順位が変わるほどの激戦を展開しているので、今大会は全日程を観戦してみようと思ったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 23:46
日本代表、メキシコに1−2で敗れ、3連敗で敗退――サッカー・コンフェデ杯
 ほぼ、予想された結果だった。いや、スコア的には予想以上だった。しかし、内容的には予想よりもはるかに良くなかった。世界との差は大きい。それをさらにさらに見せつけられた一戦だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/23 07:56
日本代表、イタリア相手に千載一遇のチャンスを逸す――コンフェデ杯サッカー
 「残念、悔しい、もったいない」 選手インタビューから出てくる声に、すべてが集約されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/20 10:09
日本、ブラジルに完敗――遠ざかる世界の背中、その問題点と対策(サッカーコンフェデ杯)
 少しは期待していた。あの本田が、長友が、「コンフェデでは優勝を狙う」と真顔で言っていたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/17 10:10
ガールズケイリン・加瀬加奈子・先行勝負
 なんと! 先月からガールズケイリンなるものを始めた。理由は、簡単に言うと知り合いが女子競輪の選手として先月プロデビューを飾り、それを2回見に行って、試しに買った車券が4回中3回的中したからである。なんだか上手くやれそうな気がしたし、ケイリンのスポーツや勝負としての面白さ、勝負を推理する面白さ、選手を知る楽しさなどを味わったからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/09 23:48
王者JX、トヨタの猛追を振り切り5連覇達成――Wリーグファイナル第4戦
 トヨタにとっては惜しまれる一戦だっただろう。しかしJXにとっては、負けられない一戦を勝ち切ったという、勝って当然という意識の一戦だったと思う。最終的にはその意識の違いが勝敗を分けたと感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/20 00:00
トヨタ、王者JXから価値ある1勝目!――Wリーグファイナル第3戦
 第2戦までを観戦して、今年のファイナルは近年では一番面白くないファイナルだ、と感じていた。トヨタが前半ではある程度善戦するものの、第3Q以降では絶対王者のJXの力とプライドに屈する形で、なすすべもなく敗れ去る、というリーグ戦でも繰り返された敗戦パターンが全く変わっていなかったからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/03/17 19:26
野球WBC、将棋NHK杯、そして井山裕太六冠!
 ひさしぶりの更新。まずは何と言っても野球WBCの話題から。大会前は、メジャーリーガー不参加、練習試合の結果も芳しくないということもあり、たいして期待していなかったのだが、2次ラウンド初戦の台湾戦から流れが大きく変わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/16 11:15
トヨタ自動車、常勝JXを破り、涙の初優勝!――バスケット・オールジャパン女子
 まさか、まさかの展開だった。トヨタ自動車がいい勝負に持ち込む場面もあるだろうとは予想していたものの、失礼ながら、まさか勝ってしまうとは、夢にも思っていなかった。トヨタ自動車の完璧な勝利だった。しかし、誰しもにこのように思わせていなければ、トヨタの勝利はおそらくなかっただろう。素晴らしいプレーをした選手たちの勝利であると共に、後藤敏博・新ヘッドコーチの手腕が、この優勝をもたらした最大の殊勲者であると私は考える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/13 18:15

続きを見る

トップへ

月別リンク

エスカルゴのスポーツ・読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる